交通事故・スポーツ障害治療について

交通事故・スポーツ障害治療について

【交通事故障害について】

イメージ写真

もし交通事故にあった場合、一番大切なことは自分で怪我の具合や痛みを判断しないことです。「そのうち自然に治る」「大した事ないから大丈夫」など、自己判断で痛みを放っておくと、あとあと更なる障害を併発する可能性があります。そうならないためにも、早め早めの適切な診断と治療をお勧めします。

当院では、スーパーライザー治療、手技療法などを効果的に取り入れ、様々な患者様の早い回復に努めています。状況に応じたアドバイスも行っておりますので、まずはご相談ください。

相手側(加害者)の自賠責保険の適用となります。自賠責保険は、ケガに対し120万/1人を限度に支払われます。この限度額には、「治療費・慰謝料・休業補償・交通費」が含まれています。限度額を越えた場合は任意保険が適用されますので、安心して通院頂けます。但し、入院・手術などの重症の場合を除きます。

【スポーツ障害について】

イメージ写真

スポーツによって起こる怪我には2つ種類があり、スポーツ外傷(捻挫・脱臼・打撲・突き指・肉離れなど)と、スポーツ障害(テニスひじ・オスグッド病・ジャンパーひざ・シンスプリントなど)があります。

一度に大きな力が加わる事で起きるスポーツ外傷、過度の疲労が蓄積した際に起こるスポーツ障害、どちらので場合でも、適切な処置をする事が大切です。

スポーツをすることで違和感を感じたり、痛みを伴う場合は、放置せず、早急に治療を行ってください。もし気になる点がございましたら、お気軽にご相談下さい。

Copyright c 2009 たまむら整骨院 All Rights Reserved.